「希少糖スイーツ」コンビニに相次ぐ 健康志向の甘党ニーズ狙う (1/2ページ)

2014.2.13 06:10

 健康志向を追い風に、「希少糖」を使ったデザートがコンビニエンスストアに相次いで登場している。希少糖の一種には体脂肪の蓄積を抑えるなどの研究結果が報告されており、「甘い物を食べたいけど、健康も気になる」という消費者を狙って商品を拡充する動きが広がっている。

 ミニストップは4日、希少糖を使ったデザート「ビタミン果実のパフェ」(180円)、「オレンジショートケーキ希少糖入り」(210円)を発売した。いずれも使用する糖分の約20%を希少糖を含んだシロップに置き換えた。

 希少糖は、香川大などが中心となって研究を進めてきた糖分で、自然界に約50種類存在するという。その一種「D-プシコース」は、砂糖の7割程度の糖分がありながらカロリーゼロ。

 さらに食後の血糖値上昇や体脂肪の蓄積を抑える作用があるという。昨年には「D-プシコース」が5%強を占めるシロップが発売され、一般の商品にも広く使用されるようになった。

ぷにもちシューは、甘味料の20%を希少糖入りシロップに置き換え…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。