トヨタ社長、リコールに理解求める「先行技術に挑戦した結果」

2014.3.21 07:35

 トヨタ自動車の豊田章男社長は20日、2009~10年にかけて起こした大規模リコール(回収・無償修理)問題で学んだこととして「お客さま第一という基本理念に立ち返れた」と述べた。日本自動車工業会の定例会見後の記者団の囲み取材に応じた。

 19日に12億ドル(約1210億円)を支払うことで米司法省と和解したことについては、「当局との合意もある。昨日の発表(車の安全性と品質についてお約束申し上げたいとのコメント)以上のことは申し上げられない」とした。

 一方、リコールに自体については、「顧客に迷惑をかけること。お客さまの視点に立つことが大事」とする一方で、「各社が先行技術のチャレンジをした結果でもある。いいクルマづくりをするための持続的発展には良いこと」と理解を求めた。

 また、自工会会長として各社のリコール制度の活用について「法令遵守(じゅんしゅ)という観点から、自動車の基本動作の安心、安全につなげるためのもの、という流れに大きく変わってきた」と指摘。そのうえで、「リコールを悪と考えてほしくない」とした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!