ドコモ、今夏導入へ 「VoLTE」前提に“値下げ競争”幕開け (1/2ページ)

2014.4.11 06:10

 NTTドコモは10日、音声通話の完全定額制や、データ通信の容量を家族で分け合う国内初の仕組みを盛り込んだ新料金プランを発表した。実質的な値下げに踏み切ることで、割高な通信料への批判をかわし、利用者を囲い込む。また、高速データ通信サービス「LTE」と同じ技術で音声定額を提供する「VoLTE」を今夏から提供する計画も明らかにした。

 ■ドコモ新料金プラン、追うKDDI・ソフトバンク

 新年度入りと同時に高額キャッシュバック(現金返還)による顧客争奪戦が沈静化した携帯電話市場だが、NTTドコモが導入に踏み切る音声通話の定額制やデータ通信の実質的な大幅値下げは、新たな料金競争の幕開けを意味する。KDDIとソフトバンクモバイルは、早急な対抗策が必要となりそうだ。しかし、両社には利用料金の大幅引き下げに対する温度差があるのも事実だ。

 ドコモの新料金プランはスマートフォン(高機能携帯電話)のみならず従来型携帯電話の利用者も対象だが、今夏には高速データ通信サービス「LTE」対応スマホ向けの「VoLTE」も国内携帯電話事業者で最初に導入。高品質な通話定額サービスも提供する。

 VoLTEについて、KDDIの田中孝司社長は「音声とデータが一緒になるといろいろなことができる。次の価値を訴求していく。料金が機能や価値にぶら下がるフェーズになるのは健全だ」と述べ、今年度中に導入する考えを示した。

 料金プランの改定については「安いかもしれないが、まだ決まっていない」と口をにごす。

ソフトバンクはVoLTEの導入時期は言及していないが、「スマ放題」を導入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。