歩きスマホで「渋谷交差点」を横断すると… ドコモの衝撃CGに反響 (1/4ページ)

2014.4.14 07:07

 スマートフォン(高機能携帯電話)の画面を見ながらの歩行(歩きスマホ)が問題化する中、その危険性を広く訴えるためNTTドコモがコンピューターグラフィックス(CG)で作成した実験動画が、反響を広げている。交差点で通行人全員が歩きながらスマホを操作したら、横断できるのは4割弱-。極端なシミュレーションだが、専門家は「歩きスマホが想像以上に危険であることを肝に銘じるべきだ」と警鐘を鳴らす。(花房壮)

 渋谷で“大混乱”

 話題の動画は、NTTドコモが3月28日に動画サイト「ユーチューブ」に投稿したもの。舞台はJR渋谷駅前(東京都渋谷区)のスクランブル交差点。青信号が点灯する46秒間で、1500人の歩行者がスマホを使用しながら横断する場合をシミュレーションした。

 歩行者同士が正面衝突しそうになるほか、2人が衝突した後、さらに別の歩行者がぶつかる危険なケースも発生。最終的には衝突が446件、転倒が103件、スマホ落下が21件になり、横断に無事成功したのは1500人中547人だけという結果になった。

“リアルさ”を追求したCGはネット上ですぐに話題に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。