サッポロ、最終赤字転落ほぼ確実 「ゴクゼロ」見直し…116億円追加納税 (2/3ページ)

2014.6.21 05:00

「発泡酒」に区分変更するサッポロビールの第3のビール「極ZERO」

「発泡酒」に区分変更するサッポロビールの第3のビール「極ZERO」【拡大】

 開発に4年かけた独自製法で、通風の原因になるとされるプリン体と糖質の両方をゼロにした極ZEROは、健康志向が強い消費者の人気を集め、昨年6月の発売から約1年間で約530万ケース(1ケースは大瓶20本換算)を販売。14年の販売実績が1662万ケースの「黒ラベル」や「麦とホップ」(1342万ケース)、「エビス」(961万ケース)に続く看板商品に成長していた。

 ビール類の総需要が9年連続で縮小する中、第3のビールは伸び続けている唯一のジャンル。サッポロが14年のビール類販売量を5208万ケースと前年比0.4%増としたのは、久々のヒット商品となった極ZEROの貢献が大きかった。

 それだけに、16年12月期に134億円の最終利益を目指す3年間の中期経営計画も、初年度から見直しを迫られることになりそうだ。

ビール類の需要が高まる時期に店頭から消え…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。