サッポロ、最終赤字転落ほぼ確実 「ゴクゼロ」見直し…116億円追加納税 (3/3ページ)

2014.6.21 05:00

「発泡酒」に区分変更するサッポロビールの第3のビール「極ZERO」

「発泡酒」に区分変更するサッポロビールの第3のビール「極ZERO」【拡大】

 サッポロは第3のビールとしての極ZEROの販売を終えており、発泡酒として7月15日に再発売し、巻き返す構えだが、ビール類の需要が高まる時期に店頭から消え、顧客が他製品に流れた痛手は大きい。

 発泡酒の税率は350ミリリットル当たり47円。再発売後は第3のビールより価格が上がるため、顧客をどれだけ取り戻せるかは未知数だ。サッポロが現時点で見込んでいる「2割程度の販売減」にとどまる保証はない。

 ビール各社は今後、商品開発段階での検証に時間をかけるようになるとみられ、新商品が消費者に届くまでのサイクルが長期化する可能性もありそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。