ビール3社、中瓶を軽量化 輸送時のCO2排出量を削減

2014.7.9 05:47

 アサヒビール、サントリー酒類、サッポロビールは8日、3社共通で利用しているビールの中瓶(500ミリリットル)を軽量化し、10月から導入すると発表した。ラベルを貼る胴の部分を約0.3ミリへこませることで、重量460グラムと従来より10グラム軽くするほか、ラベルにすり傷が付くのを防止。3社は中瓶製品を年間4億2000万本出荷しており、軽量化によって輸送時などの二酸化炭素(CO2)排出量が年間175トン削減できるという。大瓶(633ミリリットル)は1991年に同様の軽量化を行ったが、流通量の多い中瓶は導入が遅れていた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。