キリンがクラフトビール専門子会社 代官山などに工場、年10種以上販売へ (1/2ページ)

2014.7.17 06:34

個性的な「クラフトビール」に取り組む方針を示したキリンビールの磯崎社長=16日、東京都港区

個性的な「クラフトビール」に取り組む方針を示したキリンビールの磯崎社長=16日、東京都港区【拡大】

 キリンビールは16日、大量生産を前提としない個性的な「クラフトビール」の専門子会社を来年1月設立すると発表した。小規模醸造施設を東京都渋谷区に新設するなど、十数億円を投資。年間10種類以上の製品をネットなどで販売するほか、地ビールメーカーとの提携も検討する。2020年に売上高約200億円を目指す。

 国内ビール市場の縮小、特にビール離れが進む若年層の需要を喚起するのが狙い。キリンの前身となった明治初期の横浜のビール醸造所にちなみ、「スプリングバレー ブルワリー」のブランド名で展開する。

 まず9月に第1弾のビールをテスト発売。購入者の意見を取り入れながら試作を数回繰り返し、来春の発売を目指す。

 製品は、新設する渋谷区代官山と、横浜工場内の専用醸造施設で生産する。いずれも飲食店を併設し、ビールファン向けの講座や、醸造家との交流会などを通じて、顧客層の拡大を図る。

キリンの磯崎社長「日本の消費者は、横並び戦略に飽きている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。