女子大生を囲い込め! CA争奪戦激化、航空各社が養成に注力 (1/2ページ)

2014.7.24 06:45

 大手航空会社が、学生対象の客室乗務員(CA)養成に力を入れている。ANAホールディングスは大阪、東京の2カ所に、日本航空は人材サービス会社と連携して東京に、それぞれ養成校を開設。8月には大学と連携するなどして人材の囲い込みを図る。格安航空会社(LCC)や新興国企業の成長で予想されるCAの奪い合いに備える。

 養成講座、続々人気

 ANAの養成校は、現役CAが指導する「ANAエアラインスクール」。8月には、関西外国語大(大阪府枚方市)の学生を対象にした講座も開く。試験に合格すれば履修単位に認められる仕組みで、実施は白百合女子大(東京都調布市)に次いで2校目だ。

 日航は人材教育などを手掛けるキャプラン(東京都港区)と連携して1月に「JALエアラインアカデミー」を開校。日航のCA出身者が担当する。

全日本空輸は契約社員でなく正社員として採用

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。