ダイハツ「ミライース」軽燃費1位 コストとの兼ね合いで勝負 (3/3ページ)

2014.7.28 06:55

 既存技術活用しコスト低減

 軽自動車は、燃費向上を巡る競争が激しさを増している。営業現場にとって「燃費ナンバーワン」を訴えることが販促につながりやすいというのが一番の理由だ。ただ、低価格を売りにする車種は、価格に技術を転嫁できず、低価格・低燃費で売り出すミライースも今回、価格を据え置いた。

 このため技術を新開発して採用するより、既存技術をいかに活用して、コストを低減しつつ燃費向上を図るかが大きな課題だった。ダイハツは「価格を気にせず軽量化すれば当社もガソリン1リットル当たり40キロは達成できる。しかし各社とも価格との兼ね合いで、勝負している」と現状の競争について分析する。

 一方で、競争激化に伴い開発期間が短縮している。ダイハツも「開発期間を従来の半分から10分の1まで短縮している」(中島雅之チーフエンジニア)。当面は我慢比べが続く見通しだ。(飯田耕司)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。