日産、三菱自「軽」提携めぐり不協和音 ゴーン社長「自社生産も」 (2/4ページ)

2014.7.30 06:32

 両社は、国内専用車の軽の開発費を分担し、リスク低減を図ることを狙いに、2011年に折半出資で軽の企画開発会社「NMKV」を設立。エンジンや車台を新開発した新型軽を、日産が「デイズ」、三菱自が「eKワゴン」としてそれぞれ昨年6月に販売を開始した。日産は、それまでスズキから相手先ブランドによる生産(OEM)を受けて、軽の販売を手がけてきたが、軽の開発に携わったのは初めて。今年3月に販売を開始した第2弾も含め、生産は三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)が一手に引き受けてきた。

 この結果、三菱自の国内生産台数は、昨年5月以降、13カ月連続で前年同月実績比でプラスとなるなど、好調な軽の恩恵をフルに受ける形となった。一方で軽を自社生産しない日産の今年度の国内生産台数は、前年度比8.9%減の約91万台の見込み。1960年代以来初めて100万台を下回る見通しで、経営方針である「国内生産100万台の維持」が未達になる可能性が出ている。

「三菱自の稼働率を支えている場合ではない」(日産関係者)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。