株式市場で“厄介者”扱いのサムスン 組織肥大化…過去の強み消える (3/5ページ)

2014.9.10 11:30

 しかも、無線事業部には構造的な問題が指摘され始めた。

 過去2~3年で組織が急膨張したことで、コントロールが働きにくくなっていると指摘があるというのだ。

 飛ぶ鳥を落とす勢いの無線事業部からは昇進者が目立った。グループ全体の役員への登用は、22%が無線事業部だったという。

 無線事業部の社長だけで6人。組織の肥大化で「市場の変化に対応してきた過去の強みが消えた」(サムスングループ幹部)との声がもれるという。

 グループのプラント会社も統合

 岐路に立っているのはサムスン電子だけでない。サムスングループ全体に及んでいる。旗艦のサムスン電子の業績が振るわず、ほかのグループ会社もテコ入れに迫れられているからだ。

「陸上と海上の両面にわたる総合的なソリューションを提供することが可能になる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。