株式市場で“厄介者”扱いのサムスン 組織肥大化…過去の強み消える (5/5ページ)

2014.9.10 11:30

 ウエアラブル端末は救世主たるか

 ただこうしたグループ再編が実現しても、収益強化に向けた基盤を整えたに過ぎず、成果が出るのはまだ先だ。“サムスン共和国”のドン、李健煕(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が長期入院にある中、事業承継への布石とも見方もある。

 世界最大級の家電見本市「IFA2014」の開幕地となったベルリンで、サムスン電子は3日、身に着ける「ウエアラブル’(装着型)端末」の新型を発表した。

 スマホ市場が飽和状態に陥る中、ウエアラブルは今後の急成長の糧としての期待がかかる。

 だがサムスン電子の最大のライバル、米アップルも9月中に初の腕時計型の端末を発表するとの観測があるほか、スマホでは中国勢の追い上げはゆるまない。

 サムスン電子にとって、新型端末が不発に終われば、市場の目は厳しくなるのは必至で、サムスン頼みの韓国経済は一段と苦境に立つ恐れがある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。