チョコレートの健康効果、産学官連携で実証 (2/5ページ)

2014.12.18 05:00

実証研究の成果を発表する愛知学院大学心身科学部の大澤俊彦教授

実証研究の成果を発表する愛知学院大学心身科学部の大澤俊彦教授【拡大】

  • 蒲郡市民講座「チョコレートの機能性と健康生活」の実証研究中間報告には多くの聴衆が詰めかけた
  • 第2部の座談会で意見を交わす(左から)蒲郡市の稲葉市長、司会者・エッセイストの楠田氏、愛知学院大学の大澤教授、名古屋大学大学院の佐藤教授
  • 明治菓子マーケティング部グループ長・萩原秀和氏
  • 蒲郡市企画部企画広報課次長兼課長・吉見和也氏

 コレステロール値も同様に改善したが、とくに際だったのが血管中でLDLコレステロールを排除する働きをするHDLコレステロール値の有意な上昇だ。被験者全体のHDLコレステロール平均値は、摂取前の67.9ミリグラム(1デシリットルあたり)から摂取後には69.7ミリグラムに上昇した。LDLコレステロールは動脈硬化を引き起こす原因の1つとされる。これを排除するHDLコレステロールが増えることは、動脈硬化の予防効果が高いことを示すものだ。

 一方で、チョコレートの継続的な摂取で気になるのは、カロリーなどを取りすぎるのではないかという心配。しかし、被験者全員の体重測定の結果、肥満度を示すBMI(体格指数)に変化がないことも明らかになった。

 実証研究結果で目を引くのは、これらにとどまらない。その一つが精神面に及ぼす効果だ。被験者を対象に行ったアンケートでは、「(実証研究中は)活力にあふれていた」といった回答が数多く寄せられ、大澤教授は「チョコレートには人を活動的にさせる効果も期待できる」との認識を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。