チョコレートの健康効果、産学官連携で実証 (3/5ページ)

2014.12.18 05:00

実証研究の成果を発表する愛知学院大学心身科学部の大澤俊彦教授

実証研究の成果を発表する愛知学院大学心身科学部の大澤俊彦教授【拡大】

  • 蒲郡市民講座「チョコレートの機能性と健康生活」の実証研究中間報告には多くの聴衆が詰めかけた
  • 第2部の座談会で意見を交わす(左から)蒲郡市の稲葉市長、司会者・エッセイストの楠田氏、愛知学院大学の大澤教授、名古屋大学大学院の佐藤教授
  • 明治菓子マーケティング部グループ長・萩原秀和氏
  • 蒲郡市企画部企画広報課次長兼課長・吉見和也氏

                   ◇

 ■解明進む優れた機能、認知症の予防にも

 第1部の実証研究中間報告に続き、第2部では、蒲郡市の稲葉正吉市長、司会者・エッセイストの楠田枝里子氏、名古屋大学大学院の佐藤宣之教授、大澤愛知学院大教授の4氏による座談会が開かれた。

 冒頭、稲葉市長は、今回の実証研究を、市の産学官連携事業として推進した理由について、「高血圧や糖尿病患者が多いなか、こうした試みが市民の健康意識の向上につながると判断した」などと説明。また、「今回の取り組みを病気にかかりにくい環境づくりのきっかけにしたい」との考えを示した。

 『チョコレートの奇跡』の著書もあるなど、チョコレートに詳しい楠田氏は、「人間がチョコレートの原料であるカカオとかかわって3000年以上になる。カカオの健康効果は経験的に知られており、この古代の知恵を現代に、生かさない手はない」と提案。さらに、チョコレートを食べるときには「いかに身体、健康にいいチョコレートかを見極め、選ぶことが大事」と商品選びの重要性も説いた。

 パリのOECD(経済協力開発機構)事務局などに勤務経験がある佐藤教授は、欧州のチョコレート事情を説明するとともに、経済・財政的側面から、今回の実証研究の意義を解説した。佐藤教授は、高齢化の進展に伴う医療費の増大が、日本の直面する課題としたうえで、「高齢化以外の医療費増大要因をいかに圧縮できるかがポイント」と指摘。これを踏まえ、「今後は自助努力によって医療費の増加を抑制していく必要が出てくる。その点、こうした取り組みが大切になる」と高く評価した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。