ナノエマルジョン燃料製造装置 「PM80%削減」海運業界注目 (2/4ページ)

2015.2.23 06:04

ナノフュエルのナノエマルジョン燃料製造装置と松村健彦社長=川崎市川崎区

ナノフュエルのナノエマルジョン燃料製造装置と松村健彦社長=川崎市川崎区【拡大】

 エンジンの燃焼室内で噴射された燃料の温度が上昇すると、油滴内の水粒子が気化。体積が膨張し、水粒子周囲の油を分散させることで油滴全体を微粒化し、燃焼効率を高める。

 PM(炭素質の粒子状物質)やNOxの削減効果が見込まれるため、50年以上前から世界中のエンジンメーカーなどが開発に取り組んできたが、その効果が不十分なうえ、エンジンへの悪影響に対する懸念や燃料製造の際に使われる界面活性剤が高価であることがネックとなり、普及しなかった。

 同社のナノエマルジョン燃料は、水粒子をナノレベルに極小化することでより効果を高めたほか、保存安定性が向上した結果、界面活性剤の使用量を従来の10分の1程度に抑えた。既存の燃料タンクと燃焼設備の間に配置するだけなので設備投資のコストも抑えられる。

「3~10%程度の燃費削減が図れた。PMも最大80%削減できた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。