パナソニック3月期は最終益49%増に 営業利益率は5%達成、自動車・産業用分野が稼ぎ頭に (1/2ページ)

2015.4.28 16:43

パナソニックの本社ビル=大阪府門真市

パナソニックの本社ビル=大阪府門真市【拡大】

 パナソニックが28日発表した2015年3月期連結決算は、売上高が前期比0.3%減の7兆7150億円とわずかに減収だったが、最終利益は49%増の1794億円と大幅増になった。

 営業利益は25.2%増の3819億円となり、今期(16年3月期)の目標としていた売上高営業利益率5%を前倒しで達成した。津賀一宏社長は「円安の追い風もあり、そこそこ満足できるところまできた。今期は5.4%を目指す」と話した。

 稼ぎ頭となったのは自動車・産業関連分野で、売上高が2%増の2兆7825億円、営業利益が53%増の1057億円となり、主要分野では唯一の1000億円超えとなった。白物家電は売上高は横ばいの1兆7697億円だったが、営業利益は37%増の405億円と大きく儲けを伸ばした。デジタル家電やIT機器などの「AVCネットワーク」事業も売上高は1兆1543億円とほぼ横ばいだったが、営業利益は45%増と同様だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。