重病シャープ…高橋流の正念場 危機感薄く「やる気のない社員」も (1/5ページ)

2015.4.11 17:16

記者会見に臨むシャープの高橋興三社長=2月3日、東京都港区

記者会見に臨むシャープの高橋興三社長=2月3日、東京都港区【拡大】

  • 業績予想を下方修正し、記者会見するシャープの高橋興三社長=2月3日、東京都港区

 経営再建中のシャープの企業風土改革が、業績悪化のため岐路に立たされている。高橋興三社長は、経営危機を招いた上意下達の強すぎた社風を「けったいな文化」として決別を宣言。指示待ちでなく、自分で判断して挑戦する社員を増やすことに注力してきたが、あくまで漢方薬的な処方に「やる気になる社員と従来の指示待ち社員の温度差が大きい」(関係者)。主力取引銀行の資本支援を前提に、外科手術といえる3千人規模の希望退職を募集するなどを迫られるいま、強権発動という即効薬を求められる場面が増えそうだ。(松岡達郎)

 できること

 「3月末まで1台でも多く売りさばけ…」

 業績の変調が社内で伝わった昨年末から、シャープの国内営業部隊が奮起し、3月末まで同社のイオンで空気を除菌する「プラズマクラスターイオン発生機」搭載商品の100万台販売を目指すキャンペーンを展開した。

 担当先の家電量販店などに足しげく通う「どぶ板営業」で攻勢をかける取り組みだが、平成27年3月期のぎりぎりまで少しでも赤字幅を減らすため自分のやれることを考えた結果だ。

国内外のライバルとの競争激化と価格競争の影響で苦戦する液晶事業は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。