DeNA、東京五輪で「無人タクシー」目指す 自動運転技術のZMPと合弁設立 (1/2ページ)

2015.5.29 06:33

ロボットタクシー事業に意欲を示すディー・エヌ・エーの中島宏執行役員(左)とZMPの谷口恒社長=28日、東京都渋谷区

ロボットタクシー事業に意欲を示すディー・エヌ・エーの中島宏執行役員(左)とZMPの谷口恒社長=28日、東京都渋谷区【拡大】

 ディー・エヌ・エー(DeNA)と自動車の自動運転技術を開発するベンチャーZMP(東京都文京区)は28日、自動運転技術を活用した「ロボットタクシー事業」について、東京五輪が開催される2020年に都内で、運転手がいない「無人タクシー」の運行を実現させるとの目標を示した。現行の法律では、運転席が無人の状態で自動運転することはできない。安全性に対する不安の払拭などハードルは高い。

 両社は29日、事業実現に向けた研究・開発などを手がける合弁会社を設立。DeNAの中島宏執行役員が社長、ZMPの谷口恒社長が会長に就任する。

 ZMPはすでに、名古屋市内の公道で名古屋大などと協力して自動運転の実証実験を実施。両社はサービスの検証を経て運用を開始し、運行エリアを拡大していく考え。

 中島氏は「東京五輪のときには無人タクシーを多数走らせたい」と意欲を示した。谷口会長も「タクシー業界も人材不足。ドライバーレスタクシーの時代はやってくる」と力説した。

 両社が実用化を目指す自動運転車は渋滞時や長距離を走行する際のドライバーの負担軽減だけでなく、交通システムなどの変革につながる可能性がある。自動車メーカーのほか、情報処理や通信を得意とするIT企業なども開発を加速している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。