アンドロイド「5.0」の既存端末対応、ソフトバンクは当面ソニー1機種だけ 3社の予定出そろう

2015.6.5 12:51

ソフトバンクモバイルの「XperiaZ3」

ソフトバンクモバイルの「XperiaZ3」【拡大】

 ソフトバンクモバイルは5日、昨年11月に発売したソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia Z3」のアンドロイドOS(基本ソフト)を近く「5.0」にバージョンアップする予定を発表した。同社の既存のスマートフォン、タブレット端末で「5.0」に対応するのは当面この機種だけ。今後の機種追加は未定という。

 5月に発表した今夏向けの新製品4機種は、当初から「5.0」を搭載して出荷となる。

 既存機種の「5.0」へのアップデート対応については、以前からどの機種が対象となるかが注目されてきた。NTTドコモとKDDI(au)は4日、そのリストを公表ずみ。

 NTTドコモはGALAXY、Xperia、ARROWS、AQUOSの4シリーズから15機種に順次対応。auはGALAXY、Xperia、isai、AQUOSの4シリーズから10機種に順次対応する。いずれも昨年後半以降のモデルが中心。

▽auは既存10機種でアンドロイド「5.0」に対応 ドコモ発表は15機種

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。