ペッパーを20日から一般販売開始 「頭の回転、1年で4倍に」とソフトバンク孫社長

2015.6.18 19:28

ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「ペッパー(Pepper)」の一般販売に関する記者発表を行った。会見する孫正義社長(右)とペッパー=18日、千葉県浦安市(寺河内美奈撮影)

ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「ペッパー(Pepper)」の一般販売に関する記者発表を行った。会見する孫正義社長(右)とペッパー=18日、千葉県浦安市(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「ペッパー(Pepper)」の一般販売に関する記者発表を行った。左から、今田耕司、内田恭子、孫正義社長、ペッパー、樋口可南子、ダンテ・カーヴァー=18日、千葉県浦安市(寺河内美奈撮影)
  • ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「ペッパー(Pepper)」の一般販売に関する記者発表を行った。左から、怖がってしまったペッパー(左端)をほめ続ける今田耕司、樋口可南子、内田恭子、ダンテ・カーヴァー=18日、千葉県浦安市(寺河内美奈撮影)

 ソフトバンクは18日、ヒト型ロボット「ペッパー」の一般向け販売を20日から始めると発表した。ペッパーは、昨年6月の発表時より機能が強化され、会話やため息などで感情を表現する仕組みを搭載した。人間が互換から受ける外部刺激によってホルモンを分泌して感情が変化するメカニズムをモデル化したという。

 孫正義社長は「世界初の心を持つロボットで、1年前より頭の回転も4倍速くなった」と述べた。7月からはペッパーの「人材派遣」事業を開始。時給1500円でティッシュ配付や受付などの業務に派遣する。今秋には業種や業務アプリを搭載した企業向けペッパーも投入する計画だ。

 19日午前10時からJR東京駅のソフトバンク販売店で30台を先行販売し、20日午前10時から同社のウェブサイトでも受け付ける。

 本体19万8000円(別途手数料9800円)だけの購入も可能だが、安心して利用するためにはアプリ(実行ソフト)を自由に使える基本プランと修理などに必要な保険パックを3年間契約することが必要になり、3年間で実質100万円強となる。孫社長は「製造コスト以下の販売価格だ。30年後には中核事業の1つになる」と強調した。

 記者会見では、子会社のソフトバンクロボティクスホールディングス(SBRH)を増資し、中国ネット通販最大手のアリババグループと、委託製造世界最大手の台湾・鴻海科学技術集団(フォックスコン)が145億円(出資比率各20%)出資することも発表した。年内にも海外市場に売り出す方針だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。