シャープ社員の自社製品買い 「解体売却」三洋電機の末路を思い出す (2/3ページ)

2015.11.26 12:12

4Kテレビの組み立てを行う作業員ら。「シャープ製品愛用運動」で売り上げは回復するのか=栃木県矢板市のシャープ栃木工場(織田淳嗣撮影)

4Kテレビの組み立てを行う作業員ら。「シャープ製品愛用運動」で売り上げは回復するのか=栃木県矢板市のシャープ栃木工場(織田淳嗣撮影)【拡大】

 シャープは購入額の目安を、役員クラスは20万円、管理職は10万円、一般社員は5万円を設定。長谷川祥典専務執行役員は社員へのメッセージで、「大変厳しい状況にある。絶大な協力を」と呼びかけた。

 強制ではないとはいえ、購入額まで設定するという点がシャープの苦境を浮き立たせたのは確かだろう。

 売り上げの拡大に少しでも貢献してもらうのが狙いとみられるが、社員の負担になる恐れもある。

 ただでさえ、リストラや本社ビル売却などで士気は落ちている。さらなる人材流出の引き金となる危険をはらむ。

シャープの先行きは厳しい。不振が続く液晶事業を…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。