「ポケットモンスター」息の長い人気の秘密 20年の歴史、どこまで進化するか (2/6ページ)

2016.4.24 17:10

高島屋京都店にオープンした「ポケモンセンターキョウト」=京都市下京区(志儀駒貴撮影)

高島屋京都店にオープンした「ポケモンセンターキョウト」=京都市下京区(志儀駒貴撮影)【拡大】

  • これまでに発売されたポケットモンスターシリーズのゲームソフト(株式会社ポケモン提供)
  • 今年配信されるスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で、地図上にポケモンを発見した場合のイメージ図(株式会社ポケモン提供)
  • 今年配信されるスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で、ポケモンと遭遇した場合のイメージ図(株式会社ポケモン提供)

 「ポケモンで遊んで育った世代が30歳前後になり、子供を持つようになった。孫に買ってやろうというおじいさん、おばあさんも含め、3世代の集客が見込める」

 高島屋京都店の藤盛大輔セールスマネジャーがそう期待を込める。

 王道ビジネスモデルの先駆け

 ポケモンは、自然のさまざまな舞台に出現するモンスター(ポケモン)を捕まえたり、育てたり、友人同士で対戦したりできるロールプレーイングだ。

 平成8年2月に任天堂の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」向けのソフト「ポケットモンスター 赤・緑」が発売されて以降、計約25タイトルのソフトが発売され、700種類以上のモンスターが生まれている。今年2月末現在でソフトの世界累計販売本数が2億100万本を記録した。

 「ポケモンには自然や妖怪といった日本人が古くから親しんできた要素が込められている」と語るのは、法政大の青木貞茂教授(広告論・ブランド論)。

妖怪をキャラクター化して楽しむ文化

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。