スズキが16車種で不適切検査を公表 試験コースが海風強く独自に補正、鈴木会長が会見で陳謝 (1/2ページ)

2016.5.18 16:48

会見で頭を下げる鈴木修会長(手前から2人目)ら=18日午後、東京都千代田区の国交省(宮崎瑞穂撮影)

会見で頭を下げる鈴木修会長(手前から2人目)ら=18日午後、東京都千代田区の国交省(宮崎瑞穂撮影)【拡大】

  • 鈴木修・スズキ株式会社代表取締役会長(山崎冬紘撮影)

 スズキは18日夕、「ワゴンR」「スイフト」など現在販売中の16車種について、国が定める規定とは異なる方法で燃費データを測定していたと国土交通省に報告したと発表した。スズキのテストコースは海に近い丘の上にあるため、風の影響を受けすぎて試験が困難である場合があることを理由としてあげた。

 全車種で、法令で定められた「惰行法」で実測したデータを用いず、タイヤやブレーキなど装置ごとの転がり抵抗の実測値や空気抵抗実測値を積み上げた走行抵抗値を使用したことがわかった。

 国交省に報告を終え、午後4時から省内で会見した鈴木修会長は、「法令で定められた方法を用いなかった。お詫び申し上げます」と陳謝した。

 スズキが発表した16車種は次の通り。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。