【開発物語】アサヒビール、缶チューハイ「アサヒもぎたて」(2-1) (1/4ページ)

2016.8.1 05:00

「アサヒもぎたて」をアピールする開発担当者の宮广朋美さん=東京都墨田区のアサヒビール本社
「アサヒもぎたて」をアピールする開発担当者の宮广朋美さん=東京都墨田区のアサヒビール本社【拡大】

  • 缶チューハイ市場で存在感を見せる「アサヒもぎたて」
  • 「アサヒもぎたて」を生産する茨城工場では、休日返上で増産に対応している=茨城県守谷市

 ≪STORY≫

 ■新鮮さにこだわり 劣化抑制技術を開発

 アサヒビールの缶チューハイ「アサヒもぎたて」が、市場で存在感を見せている。30~40代を中心に幅広い層から人気を集め、4月の発売開始から約3カ月半で販売数量は300万ケース(1ケースは250ミリリットル24本換算)を突破。販売好調に伴い当初、500万ケースだった初年度販売目標を750万ケースに上方修正した。開発担当者らが3年という長い月日をかけて消費者をインタビューした成果がぎっしりと詰まっている。

                   ◇

 「ここで何とかしないと大変なことになる」

 アサヒビールのマーケティング本部マーケティング第二部(RTD・焼酎)で缶チューハイや缶カクテルなどのアルコール飲料「RTD」と呼ばれる商品の商品開発に携わる宮广(みやま)朋美さん(33)は危機感を募らせていた。

 「アサヒスーパードライ」を擁するアサヒビールは、国内ビール市場でシェア約5割と他の追随を許さない圧倒的な存在感を放っている。しかし、缶チューハイ市場では、キリンビールの主力缶チューハイ「氷結」やサントリースピリッツの「-196℃」に大きく水をあけられ、業界4位が2011年以降、指定席となっていた。

 もっとも、ビール業界の“雄”であるアサヒビールがこうした状況を受け入れるわけはない。現状を打破するため、約5年前から缶チューハイ商品を強化。「辛口焼酎ハイボール」や「ハイリキ ザ・スペシャル」などの缶チューハイの新商品を次から次へと投入するものの、立ちはだかるライバル商品の壁を突き破ることはできなかった。

 缶チューハイ市場に定着するビッグブランドをつくる。今から約3年半前、社内にはこんな機運が高まり、缶チューハイのビッグブランドづくりのプロジェクトがスタートした。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。