働き方改革、首都圏で大実験 日立系、サテライトオフィス20カ所開設 (2/2ページ)

2016.10.13 06:14

富士ゼロックスが首都圏に開設したサテライトオフィスの様子。顧客訪問回数が増えるなど、営業担当者の業務効率が上がったという=東京都中央区(同社提供写真)
富士ゼロックスが首都圏に開設したサテライトオフィスの様子。顧客訪問回数が増えるなど、営業担当者の業務効率が上がったという=東京都中央区(同社提供写真)【拡大】

 サテライトオフィスは本社の周辺に衛星(サテライト)のように配置した小規模事業所。通信環境を整備すれば会社と同様に仕事ができるため、移動時間短縮による生産性向上や、多様な人材活用といった効果が期待される。会議スペースやオフィス仕様の複合機を設営するなど、在宅勤務よりチーム作業に向くとされる。

 1980年代に都心の不動産価格の高騰を背景にサテライトオフィスの設置が相次いだが、定着しなかった。近年はクラウドの普及などIT環境の整備もあって再び注目されている。

 政府が働き方改革を掲げる中、勤務形態の多様化に取り組む企業は増えており、東急電鉄は5月に複数企業の社員が共用する「サテライトシェアオフィス事業」を開始。東急沿線の直営5店舗、提携25店舗をワークライフバランスを目的に社員にも開放した。富士ゼロックスも営業担当向けに、首都圏に10カ所のサテライトオフィスを設置している。「顧客訪問件数が対前年比で65%増えたチームもある」という。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。