このままでは中国に競り負ける日本企業の「インフラ輸出」 大手商社からは嘆き節 (2/3ページ)

2016.10.22 16:12

  • 川崎重工業が供与した日本の新幹線技術をベースにした中国高速鉄道車両「CRH380」型(河崎真澄撮影)
  • 中国が輸出戦略を加速している高速鉄道車両「和諧号(CRH型)」(河崎真澄撮影)

 06年の最初の入札には近畿車両と日本車両製造がそれぞれ受注した経緯がある。当時は官民ともに将来の延伸計画による追加受注を視野に入れていたはずだった。事業主体の運輸通信省は、20年に開催予定の東京五輪に伴う車両需要の拡大が背景にあるのではと、分析した。日本の政府関係者も「国内受注で手いっぱいで海外まで手が回らず、技術者不足で身動きがとれない」のだと分析する。

 実際に近畿車両は国内需要への対応に追われており、関係者は「円借款プロジェクトで日本企業が入札に参加しない事例が増えている」と打ち明ける。

 政府内には「円借款供与国の信頼を失いかねい」と懸念する声も出ている。

 政治リスクが少ないシンガポールでも受注に異変が起きている。日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査では、13年以降にシンガポールの陸上交通庁(LTA)が発注した地下鉄駅やトンネル工事をめぐり、五洋建設や西松建設など日本の建設会社が単独や共同で受注した案件は27件中7件で、中国と並びトップだった。だが、15年以降はパッタリで、その背景にも東京五輪特需やリニア建設などめじろ押しの国内の大型工事があるという。

 大手商社からは海外のプロジェクトに関して「建設大手から振り向いてもらえない」との嘆き節も聞かれる。

海外の受注競争で存在感が薄くなる日本…特需後に再参入できるのかをいぶかる向きも

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。