JR九州、課題は本業改善 不採算路線めぐり投資家の厳しい視線も (1/2ページ)

JR九州の上場セレモニーで鐘を鳴らす青柳俊彦社長=10月25日午前、東京証券取引所(山崎冬紘撮影)
JR九州の上場セレモニーで鐘を鳴らす青柳俊彦社長=10月25日午前、東京証券取引所(山崎冬紘撮影)【拡大】

 「本当に長い道のりだった。30年前の発足時に、上場をイメージした人がどれだけいたか」。JR九州の青柳俊彦社長は、上場後の記者会見でそう感慨を述べた。

 首都圏路線や東海道新幹線といった収益の太い柱を持たない同社は、駅ビルや不動産を筆頭に収益源を多角化してきた。2014年からは都内でホテル事業を展開するなど、九州の外へも積極的に進出している。

 こうした関連事業は単体売上高の約20%を占め、いずれも数%のJR旅客5社と比べ、桁違いに大きい。“鉄道非依存”の体質を構築したことが、輸送人員の少ない「三島会社」で初の上場へと結実した。

 しかし裏を返せば、本業の鉄道部門が収益面で足を引っ張るという皮肉な構図も見える。国土交通省によると、JR九州の在来線20路線のうち黒字収支は福岡都市圏の篠栗線だけ。昨年度の鉄道部門の営業損益は115億円の赤字だった。

 今年度以降は黒字化する見通しだが、それはJR発足時に国が作った経営安定化基金3877億円を取り崩し、九州新幹線の貸付料前払いに充てるなどの“ボーナス”があったからだ。

JRグループを見渡せば赤字ローカル線を廃止する動きが目立つ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。