【ビジネスのつぼ】好調スバル「インプレッサ」、相反する日米の市場ニーズをどう両立させたのか (3/4ページ)

2017.2.20 06:40

販売好調のインプレッサについて語る富士重工業の阿部一博氏
販売好調のインプレッサについて語る富士重工業の阿部一博氏【拡大】

  • インプレッサの日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して、記念式典が開かれた=1月27日、群馬県太田市の富士重工業群馬製作所
  • 国産車で初めて歩行者保護エアバッグを採用したインプレッサ
  • 富士重工業が半田工場内に新設した大型旅客機「777X」向け中央翼の工場=愛知県半田市

 歩行者守る装備も

 さらに、日本では交通事故死亡者のうち歩行者や自転車の割合が高いことに注目。追突時にフロントガラス外側にエアバッグを出し、歩行者の頭などを守る装備を国産車で初めて採用した。阿部氏は「日本の需要を高めるもう一つの要素として必要だった」と語る。

 新型インプレッサは昨年12月、国内で1年間の最も優れた新車を選ぶ「2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。選考委員は「新開発のプラットフォームなどにより質の高い走行性能を持つとともに、歩行者保護エアバッグなど世界トップレベルの安全性能も実現した」と評価した。

 阿部氏は「米国市場は台数や収益が大きい。ただ、日本メーカーは国内で輝いていることが人材確保などを考えると重要だ」と話した。(会田聡)

ボーイング「777X」の中央翼生産へ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。