【ビジネスのつぼ】レジャーで活躍、クマも退ける“最強のケータイ” 女性にも人気の京セラ「トルク」 (2/5ページ)

トルクシリーズは40~70代の男性から支持を得ている
トルクシリーズは40~70代の男性から支持を得ている【拡大】

  • 頑丈さを売りにした携帯電話「トルク」の性能などについて語る京セラの担当者=4月13日、横浜市都筑区
  • 京セラの山口悟郎会長(左)と握手する谷本秀夫社長=2月20日、京都市

 京セラは2003年から、北米市場で法人向けに工事現場などで使える高耐久性フィーチャーフォンを展開してきた。13年にトルクブランドを立ち上げ、日本国内でも14年から個人向けスマホ「G01」、海水にも強い後継機種「G02」を順次発売。登山や川釣りなど屋外レジャーに出かける際に使いやすいと高い評価を得ている。

 トルクの開発には京セラ横浜事業所(横浜市都筑区)の200人規模のスタッフが携わっている。X01の誕生の背景には、トルク愛用者との熱のこもった意見交換があったという。

 「手袋を装着していても、番号などのキーを押して操作できるフィーチャーフォンタイプがほしいという声が寄せられました。たしかに、キーを押すと安心感があるし、折りたたんでディスプレーを保護できるという利点もある」

 通信第1事業部第1技術部プロジェクト1課の大内康史さんはそう振り返る。

 光の反射抑え見やすく

 X01は、頑丈さだけが取り柄の“武骨者”では決してなく、利用者にも優しい。

登山中にクマの接近を避ける「クマ鈴」の音

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。