【eco最前線を聞く】三菱地所、照明LED化で電力使用量4割削減 10月から再生エネに切り替え (3/3ページ)


【拡大】

  • 三菱一号館美術館の展示室。LED照明に切り替えて使用電力を削減した
  • グリーン電力証書。風力や太陽光など複数の再生エネで電力を賄っていることを示している

 --美術館でも使用している

 「10月から美術館で使用する電力相当分を再生エネで賄っている。今年4月に再契約し、風力のほか太陽光、バイオマス、小水力のミックスによる発電に切り替え、契約量も年間114万キロワット時に増やした。美術館で使用する電力のほか、来年移転する新本社の電力も賄う方向で検討している」(松岡健夫)

【プロフィル】吾田鉄司

 あずた・てつじ 慶応大法学部卒。1994年三菱地所入社。社会環境部、三菱地所プロパティマネジメントなどを経て2014年環境・CSR推進部副長、17年4月から現職。47歳。大阪府出身。