経営

人を辞めさせない仕組み作り 「教育」「評価」「労働環境」がなぜ重要なのか (3/4ページ)

 (5)やりがいを感じられる

 やりがいは人によって違います。

 私がマックやユニクロで働いていた時代は、店舗の中で店長という役職が目指すべき姿であり、全員がここを目標にしていました。

 しかし今では、出世するということにやりがいを感じる人もいれば、そうではない人もいます。

 人によってやりがいを感じる箇所が異なるのです。

 企業は、やりがいを持たせる方法を複数考え、提示しなければなりません。

 (6)人間関係が良い

 ここが辞めない理由に一番影響しています。

 上司はもちろん、同僚との人間関係を形成することができなければ、退職する方は多いでしょう。

◆「罰則がないから」ではダメ

 教育・評価を仕組み化することにより、社内の人間関係を良好にすることができます。

 これらの辞めない理由を作るためには、「教育」「評価」「労働環境」を整備する必要があります。

 労働環境については賃金や労働時間等、法律に関わる部分が大きいと考えています。

 企業側は、法律の変化に沿って規則を改定しなければ罰則があるため、ビジネスを行う上では必然的に対応をしなければなりません。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus