「暮らしを創る」企業理念を貫く 市川兄弟から始まった象印マホービン (1/3ページ)

象印マホービンの創業90周年を記念して本社ビル1階に開設された「まほうびん記念館」=大阪市北区
象印マホービンの創業90周年を記念して本社ビル1階に開設された「まほうびん記念館」=大阪市北区【拡大】

  • 他社製品を含む数々の魔法瓶製品を紹介する「まほうびんの森」コーナー
  • 象印の戦後第1号商品「ポットペリカン」
  • ゾウの商標をあしらったガラス魔法瓶の保温ジャー
  • 胴部に花柄をあしらった魔法瓶のポット
  • 電子ジャーの発売で家電業界に参入した
  • 象印のステンレス製魔法瓶の水筒第1号「タフボーイ」
  • 珍しい1964年東京五輪の記念水筒も展示されている
  • 兄の市川銀三郎
  • 弟の市川金三郎
  • 大阪企業家ミュージアムで市川銀三郎を紹介したコーナー=大阪市中央区

 【関西企業のDNA】「魔法」のように長時間、食べ物や飲み物を保温・保冷できるようにした魔法瓶の技術をもとに、数々の製品を開発してきた象印マホービン。家庭日用品総合メーカーとして発展し、平成30年5月に創業100周年を迎えた歩みには「暮らしを創る」という企業理念が貫かれている。(栗川喜典)

 欧州発祥の技術

 大阪市北区の象印マホービン本社ビル1階にある「まほうびん記念館」。平成20年に同社90周年を記念して開館し、100周年の30年5月にリニューアルした。同社が発売してきた魔法瓶製品や調理家電、生活家電など計300点以上が展示され、魔法瓶を中心とした歴史を学べるようになっている。開館以来、延べ約1万5千人が訪れた。

 入り口のそばにあるのが、英国人化学者ジェームス・デュワーが開発した魔法瓶の原型だ。1892年、低温を維持して液体窒素を保存する容器を研究していたデュワーが、ガラスの真空二重壁の内部に銀などの金属メッキを施して鏡のように光らせ、輻射(ふくしゃ)熱を防ぐことを考案。やがてドイツで家庭用品化されて欧米に広がり、明治時代に日本にも輸入された。

 リニューアルで新設されたゾーン「まほうびんの森」では、有田焼やコルク、木材を使ったり、明治乳業などの企業広告をあしらったりした珍しい製品100点以上がメーカーを問わず展示されている。「自社のPRではないので」(象印の広報担当者)という方針通り、日本の魔法瓶の歴史でまず登場するのが、大阪の電球会社に勤めていた八木亭二郎だ。

 八木は明治45年、電球製造の真空技術を応用して国産第1号の魔法瓶を完成し、「八木魔法器製作所」を起業。以降は大正~昭和に数多くの魔法瓶メーカーが登場し、優秀なガラス職人が集積していた大阪が、その中心地となった。

 これに目を着けたのが愛知県で電球加工職人だった市川金三郎で、兄の銀三郎(1898~1952年)とともに大正7年、大阪市西区に合名会社「市川兄弟(けいてい)商会」を設立し、魔法瓶の中瓶製造に乗り出した。昭和36年に現社名となった象印マホービンの創業年だ。

ゾウの由来は?