ビーチでの「飲酒・運転事故」絶えず… 法的規制が必要? (2/4ページ)

2014.8.2 17:08

女性4人が死傷するひき逃げ事件があった市道(中央)。奥は海水浴場「おたるドリームビーチ」=14日午前、北海道小樽市

女性4人が死傷するひき逃げ事件があった市道(中央)。奥は海水浴場「おたるドリームビーチ」=14日午前、北海道小樽市【拡大】

 海の家の経営者らでつくる、おたるドリームビーチ協同組合の田頭晃副理事長(59)は「決して野放図にしていたわけでも、飲酒運転を黙認していたわけでもない。海の家の者は『寝てしまい、(運転を)知らなかった』と言っている」と話す。

 事件を受け、北海道警は道内全域で、ビーチ出入り口付近での検問を強化。事件後、海水浴客が半減したおたるドリームビーチでは献花台を設置して被害者の冥福を祈るとともに、23日には同組合事務所に約30人が集まり、「飲酒運転撲滅宣言」を行った。

 同組合が考えた撲滅のための対策は、酒類提供の際に「車で来ていますか」と声を掛ける▽ノンアルコール飲料のPR▽代行運転のポスター▽駐車場に「飲酒運転禁止」ののぼり90本の設置▽来年度からJRの駅との間の無料送迎バスを増便する-など。田頭副理事長は「飲酒運転をなくすため、できる限りのことはしたい。しかし、無料バスの運行も、のぼりの設置も費用がかかる。声掛けをしても百パーセントフォローできず、外から持ち込んだ酒で飲み続ける人もいる。最終的には本人のモラルの問題」と、対策の難しさをにじませる。

逗子では海の家以外での飲酒と音楽を禁止に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。