サイトマップ RSS

セクハラやじ 自民党都議が謝罪 「話す機会失った」 弁明に終始 (1/5ページ)

2014.6.24 07:00

鈴木章浩(あきひろ)都議(右)は、「やじ発言」を認め、塩村文夏(しおむら・あやか)都議に謝罪した=2014年6月23日午後、東京都新宿区・都議会議事堂(大里直也撮影)

鈴木章浩(あきひろ)都議(右)は、「やじ発言」を認め、塩村文夏(しおむら・あやか)都議に謝罪した=2014年6月23日午後、東京都新宿区・都議会議事堂(大里直也撮影)【拡大】

 東京都議会の塩村文夏(しおむら・あやか)都議(35)の一般質問中に「早く結婚したほうがいい」などとセクハラとも取れるやじが飛んだ問題で、都議会自民党は6月23日記者会見し、やじを発したのは自民党の鈴木章浩(あきひろ)都議(51)だったと明らかにした。鈴木都議は謝罪し、会派を離脱したが、「(子供が)産めないのか」とのやじは否定した。

 鈴木都議は23日、塩村都議に会って直接謝罪。その後の会見で「塩村議員、都議会、都民のみなさまにご心痛、ご迷惑をおかけしたことをおわびする。反省し、原点に返り頑張りたいという思いで会派を離脱した」と述べた。

 自民党は所属議員59人の都議会最大会派。問題発生後、所属議員から聞き取り調査を進めていた。鈴木都議はこれまでの取材に対し、やじについて関与を否定していた。

 塩村都議が所属するみんなの党の会派は、やじの声は複数の男性で、自民党都議の席付近から上がったと指摘。発言者の特定のため声紋分析するとしていた。

発言者の処分を求めるネット上の署名が8万人

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ