【トヨタ女性役員逮捕】疑惑の国際宅配便 見破る税関の“熟練の勘” (1/2ページ)

2015.6.19 20:49

 逮捕されたジュリー・ハンプ容疑者の事件のように、税関の検査を端緒に違法薬物の密輸が摘発される例は多い。近年は国内の薬物取り締まりが進む一方で海外から密輸するケースが多く、税関の検査が負う役割は増している。

 警視庁によると、ハンプ容疑者が輸入に使ったのは国際宅配便。荷物の到着後、通常は輸入者が税関で内容物を申告するなどの手続きが必要だが、今回は宅配業者に申告手続きなどが委託されており、ハンプ容疑者自身による申告は必要なかった。

 国際宅配便は、申告を受けてから税関職員が検査。放射線や麻薬探知犬を使う方法もあれば、内容物と品名が重さに見合っているか荷物を手にして瞬時に不審物を感知する職員の“熟練の勘”に頼る場合もある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。