モロ見え写真を実名投稿とは バカッターぶり発揮した「隙間世代」の大学生 (3/7ページ)

2015.12.6 17:01

ふざけて友人の全裸写真をツイッターに投稿した男子学生。「他人に見られるとは思わなかった」という。ネットに無知な若者による“事件”が増え、メディアリテラシー教育の必要性が問われている

ふざけて友人の全裸写真をツイッターに投稿した男子学生。「他人に見られるとは思わなかった」という。ネットに無知な若者による“事件”が増え、メディアリテラシー教育の必要性が問われている【拡大】

 止まぬ「バカッター」「バイトテロ」

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及以降、こうしたトラブルは後を絶たない。「バカッター」が流行語大賞の候補にノミネートされた平成25年は、非常識な投稿が刑事事件に発展し、ニュースで取り上げられるケースが相次いだ。

 この年の7月、大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で迷惑行為を繰り返すなどしたとして、大阪府警は威力業務妨害と信用毀損の容疑で関西の国立、私立大生計3人を書類送検した。3人は迷惑行為を「偉業」と自賛する書き込みや写真をツイッターやブログに掲載。それが炎上したことで検挙につながった。

 刑事事件に発展する“バカッター”はその後も相次ぎ、8月には、北海道警のパトカーの屋根に乗った写真を投稿した19歳の少年2人がパトカーに傷をつけたとして逮捕された。

18~30歳は「隙間世代」!?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。