恐竜絶滅に新説 小惑星衝突の5千万年前からすでに「衰退」 (2/2ページ)

2016.4.20 19:00

恐竜は隕石がぶつかる前には既に衰退期だったことが研究により明らかになった(AP)

恐竜は隕石がぶつかる前には既に衰退期だったことが研究により明らかになった(AP)【拡大】

 サカモト博士は「突然の衝突がとどめを刺した可能性はあるが、恐竜は最終的に絶滅する何千万年も前から、支配的な勢いを失い始めていたのではないか」と分析している。

 恐竜は約1億5千万年間、地球の生態系を支配していたとされる。小惑星は約6600万年前メキシコ湾に衝突、大量の粉じんが太陽の光をさえぎったため、地球上の植物や恐竜が絶滅したと考えられる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。