羽田空港滑走路のデータ改竄 東亜建設工業、耐震工事の薬液量など4点 (3/3ページ)

2016.5.7 01:15

記者会見で謝罪する東亜建設工業の松尾正臣社長(右から2人目)ら=6日午後、横浜市

記者会見で謝罪する東亜建設工業の松尾正臣社長(右から2人目)ら=6日午後、横浜市【拡大】

 同工法は福岡空港(福岡市博多区)など11施設で行われており、同社は他に問題がなかったか調査を進めているほか、原因究明と再発防止に向けた調査委員会を設置する。

【用語解説】東亜建設工業

 「臨海工業地帯開発の父」と呼ばれた事業家の浅野総一郎が明治41(1908)年に創業し、神奈川県などを流れる鶴見川河口の埋め立て事業を手掛けた。大正3年に鶴見埋築株式会社を創立、合併などを経て、昭和48年に東亜建設工業株式会社に社名変更する。その後、道路や橋梁(きょうりょう)、宅地造成工事などにも進出。ベトナムのコンテナターミナル整備、インドネシアの石炭火力発電所の土建工事にも携わる。同社ホームページによると、平成26年度の売上高は1988億円。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。