【スポーツi.】東京五輪新種目の3人制バスケに注目 (1/3ページ)

昨夏に開催された3人制バスケットボール「3×3(スリー・バイ・スリー)」の国際大会=宇都宮市
昨夏に開催された3人制バスケットボール「3×3(スリー・バイ・スリー)」の国際大会=宇都宮市【拡大】

 □フリーランスプランナー・今昌司

 3on3(スリー・オン・スリー)。かつて3人制でハーフコートで行われるバスケットボールをこう呼んでいた。3on3を試合形式で大会として開催したのは、恐らく、私が最初ではなかったか、と思う。発端は、1990年頃に、米ESPNの映像を使ってアメリカのスポーツシーンを紹介する週1回のテレビ番組の制作に関係していたことに始まる。

 91年に日本で大会

 ある時ニュース映像で、街のメインストリートに無数の簡易式バスケットゴールを並べて多くの人々がバスケットに興じていた姿を見た。競技大会ではない。正に、フェスティバル。バスケットを楽しむ数多くの老若男女がそこにはいた。

 これは一体なんだ。元月刊バスケットボール誌編集長の島本和彦氏に調べていただくと、これは3on3というもので、アメリカ各地で大規模な大会が開催されている、ということが分かった。これを日本でできないか。島本氏のご尽力もあり、簡易式のバスケットゴール機材をアメリカから取り寄せ、ルールを作り、コート作りの方法も独自に策定して、91年夏、神戸ポートピアランドの広場で、ついに第1回目となる大会を開催した。参加は24チーム、約100人。しかし、心配していた参加申し込みは、その数倍にもおよび、当日は参加者のみならず、家族や友人たちが多数訪れ、会場は大いに盛り上がった。

続きを読む