【第28回地球環境大賞】環境技術先進国として温暖化対策に積極貢献(4-4) (1/5ページ)

 ◆パナソニック

 (1)一人一人のくらしや社会をアップデートしていく「くらしアップデート業」を通じて、グローバルに社会課題の解決を図る

 (2)「事業を通じて世界中の人々のくらしの向上と社会の発展に貢献する」という経営理念は、SDGsの目指す方向と一致。全従業員が経営理念を通じてSDGsの達成に貢献していく

 (3)世界全体で考えると、CO2排出の大きい新興国や途上国における削減が重要。日本の強みである技術力をさらに高めるとともに、その技術をグローバルに展開・普及させることで、日本国内の枠にとどまらないCO2排出の削減に貢献すべき

 (4)社会全体でクリーンなエネルギーの普及を促進するとともに、企業が事業活動においてクリーンなエネルギーを調達・利用しやすくする政策を期待

                  ◇

 ◆日立製作所

 (1)社会イノベーション事業を通じて、社会が直面するさまざまな課題の解決に貢献し、世界中の人が安全・安心・快適に暮らせる社会づくりを目指す

 (2)SDGsに代表される社会課題には、長期的な事業戦略の中で取り組むべく執行役社長兼CEOを議長とする「サステナビリティ戦略会議」を中心に施策を推進。当社事業は電力・エネルギー、産業・流通・水、金融・社会・ヘルスケアなど多岐に渡るため、SDGsの達成に幅広く貢献できる

 (3)自国内の温室効果ガス排出量削減への取り組みはもとより、日本の強みである技術が活かせる製品やソリューションの提供を通じて世界全体のCO2排出量削減に貢献していくべき

 (4)エネルギーの低炭素化や利用可能な最良技術の開発と普及を進めるため、インセンティブの設定、中長期的な開発・普及のロードマップのグローバルでの共有とコミット、投資環境の整備などを期待

続きを読む