【第28回地球環境大賞】環境技術先進国として温暖化対策に積極貢献(4-4) (2/5ページ)

                  ◇

 ◆富士ゼロックス

 (1)全社環境経営活動「Challenge Eco No.1」で本業を通じてお客様や社会へのトップレベルの貢献を目指す

 (2)富士フイルムグループの「Sustainable Value Plan 2030」のもと環境・生活・働き方などの6分野で2030年度までの長期目標を設定、取り組みを進めている。17項目すべてにかかわりながら、最終的に目標8「働きがいと経済成長の実現」に向け、働く人の生産性向上と創造性発揮を支援するソリューション・サービスの提供を進め、誰もが「働きがい」を得られる社会づくりに貢献

 (3)日本としては優れた環境技術による発展途上国での温室効果ガス排出削減に貢献すべきであり、環境技術の海外移転を加速する政策推進が必要。当社ではライフサイクルCO2排出量が少ない複合機・プリンターや社会のCO2排出を抑制するソリューション・サービスの提供を通じ貢献する

 (4)「地球温暖化対策計画」の実効性を高めるためのインセンティブ施策を含む具体的施策の立案と遂行。日本の環境技術による貢献を高めるための研究開発への投資促進。その成果を普及・活用する政策の実現に期待

                  ◇

 ◆ミサワホーム

 (1)「低炭素で循環型の住まいづくり」「安全・安心な住まいづくり」「少子・高齢化に対応したまちづくり」「働き方改革」など

 (2)CSR活動における重要課題とSDGsの関連について開示。SDGsと関連付けたCSR重要課題ごとにアウトサイドインの考え方に基づき2030年に達成すべき目標を検討中

 (3)日本が掲げる目標を科学的根拠に基づいた実績報告と適切な進捗管理ができる仕組みを構築して達成。また発展途上国へ環境技術を供与する

 (4)エネルギーミックスにおいて、再生可能エネルギーの比重拡大。ZEH+やLCCO2マイナス住宅など、省エネトップランナー住宅への優遇

続きを読む