介護疲れの無理心中をなくしたい…「認知症患者携行ノート」開発 (1/3ページ)

2013.10.20 18:31

「よりそいノート」の導入に熱心な大木教久医師。「みんなで見守る必要がある」と、医療と介護の連携の重要性を強調する=神奈川県茅ケ崎市

「よりそいノート」の導入に熱心な大木教久医師。「みんなで見守る必要がある」と、医療と介護の連携の重要性を強調する=神奈川県茅ケ崎市【拡大】

 介護疲れの無理心中をなくしたい。そんな思いから、認知症患者の情報を医療と介護の現場で共有するための患者携行ノートが各地で開発されている。家族や医師、介護サービス担当者らがそれぞれの持つ情報を1冊のノートに記入する仕組み。患者の日常生活に医師が目配りしたうえで治療方針を立てるなど適切な医療や介護につながると期待される。(寺田理恵)

孤立させない

 マスクを着けた小学生と親らで混み合う待合室。どちらが患者か見分けにくい中高年の親子や高齢の夫婦は認知症患者と家族のようだ。神奈川県茅ケ崎市の大木医院。運営する医療法人「寿会」理事長の大木教久医師は「認知症患者には自宅での生活が診察室でそのまま出る人と、よそ行きの姿の人がいる」と指摘する。

 診察室ではしっかりしていても自宅では被害妄想や暴言があるなどだ。本人の前で話しづらい家族のため、カウンセリングが必要なケースもあるという。

 そんな患者の日常を知る手段として注目されているのが神奈川県の「よりそいノート」。受診記録のほか、患者や家族が経歴、困りごとなどを、ケアマネジャーらが介護サービス利用時の様子を記入する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!