【江藤詩文の世界鉄道旅】ドイツ鉄道(1)ドイツ版新幹線、まさかの300キロ越え…車掌も苦笑い (1/2ページ)

2014.4.12 18:00

流線型のボディがなかなかおしゃれなドイツ版新幹線ICE

流線型のボディがなかなかおしゃれなドイツ版新幹線ICE【拡大】

  • 時速302キロに達した瞬間。シンプルですっきりした電光掲示板はピクトグラムを使ったデザインで旅行者にもわかりやすい
  • ICEがうらやましいポイント1。ガラス張りの運転席。この日はあいにくの雨だったが運転席の眺望はやっぱり格別
  • ICEがうらやましいポイント2。やたらビールの種類が多い食堂車。立ち飲みしているビジネスマンの姿も
  • 鉄道ファンにとっては特等席なのだが……。「運転席から見えるのは線路だけ。線路の写真を撮ってどうするの」と聞かれてしまった

 274キロ、288キロ、291キロ……。

 電光掲示板のスピード表示が、ぐんぐん加速していく。フランクフルトからケルンへ向かう15時25分発のICE628号。ドイツ版新幹線とも称される、ドイツ鉄道が誇る高速列車だ。車両の連結部には、秒刻みで変化する時速の表示が、誇らしげに輝いていた。

 ちなみに、先頭車両は運転席のすぐ後ろに客席があり、運転士と同じパノラミックな景観を楽しめる。そんな特等席に座っているにも関わらず、乗客はみな新聞を読んだりパソコンを開いたり。誰ひとり運転席に注意を払っていないではないか。もったいないなぁ。出入り口からうらやましげにのぞいていると、車掌が検札にやって来た。

 「日本からいらしたのですか。わたしは日本に行き、東京から京都まで新幹線に乗ったことがあります。あれはすばらしい電車です。しかしドイツのICEも、なかなかいい列車です」と車掌。とくに安全性を重視していて、最高時速300キロまでは安全を保障しています。彼がそう言い切ったまさにちょうどそのとき、スピードメーターが最高時速を表示した。なんと302キロ。

運行の内情暴露!それ言っちゃっていいの?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。