宮崎駿監督の凄さは絵コンテ 庵野秀明監督が語るアニメ映像の“魂の重さ” (3/5ページ)

2015.5.31 07:02

「ニコニコ超会議2015」で行われた庵野秀明監督(中央)、KADOKAWA・DWANGOの川上量生氏(右)らによる「アニメの情報量」に関するトーク

「ニコニコ超会議2015」で行われた庵野秀明監督(中央)、KADOKAWA・DWANGOの川上量生氏(右)らによる「アニメの情報量」に関するトーク【拡大】

  • 弁当も本物を作り少しずつ動かして撮影した「オチビサン」(C)MoyocoAnno/鎌倉市豆粒町オチビ動画製作振興会

 庵野監督は、鶴巻監督の同作品が配信された、「日本アニメ(ーター)見本市」という短編アニメを毎週1本制作するプロジェクトから「オチビサン」というコマ撮りアニメーション作品も例として紹介。「落ち葉もひとつひとつ動かしていて、そのエネルギーが画面から伝わってくる」と評価して、表現に思いを込めることの大切さを訴えた。

 「作り手の魂を定着させられるのが映像の良いところ。それを分解すると情報になる」。情報はいわば魂の表れで、多いか少ないかではなく「重いか軽いか」が重要になる。アニメを理解するには、「線の多さ」や「絵の細かさ」、動きの複雑さやストーリーの豊かさに加えて、クリエーターが作品に込めた“魂”の重さも感じ取る必要がありそうだ。

 川上会長の新書や、「ニコニコ超会議2015」でのトークでは、引退を表明した宮崎監督の魅力についての言及もあった。新書では、難しい動きでも描ける優秀なアニメーターが参加してくれると分かった宮崎監督が、設計図にあたる絵コンテを描き直し、逆に必要とされるシーンでも、描けるアニメーターがいなければ絵コンテから外す宮崎監督のこだわりが紹介されている。

理想とする映像に妥協しない宮崎監督の性格が感じ取れるエピソード

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。