宮崎駿監督の凄さは絵コンテ 庵野秀明監督が語るアニメ映像の“魂の重さ” (4/5ページ)

2015.5.31 07:02

「ニコニコ超会議2015」で行われた庵野秀明監督(中央)、KADOKAWA・DWANGOの川上量生氏(右)らによる「アニメの情報量」に関するトーク

「ニコニコ超会議2015」で行われた庵野秀明監督(中央)、KADOKAWA・DWANGOの川上量生氏(右)らによる「アニメの情報量」に関するトーク【拡大】

  • 弁当も本物を作り少しずつ動かして撮影した「オチビサン」(C)MoyocoAnno/鎌倉市豆粒町オチビ動画製作振興会

 理想とする映像に妥協しない宮崎監督の性格が感じ取れるエピソード。一方、庵野監督は、絵コンテを描くときに宮崎監督ほどかっちりとしたものは作らないという。

 「絵コンテがハブになれば良い。これとこれがつながったら、もっと面白くなるのでは」と考え、実際に絵を描くアニメーターが想像や工夫を加えていける余地を残す。理屈を越えた意外性が映像に表れて、作品を良くしていく可能性に期待する。強烈なリーダーシップですべてを統括する方が良いか、部下の自主性を重んじて総合力で勝負する方が良いか。プロジェクトを進める上で活用できそうな話だ。

 もちろん宮崎監督の場合も、本人とは違うアニメーターが絵を作っていくため、最初の絵コンテ通りには完成しない。宮崎監督を師と仰ぐ庵野監督は、「宮崎監督で1番良いのは絵コンテ」と言い、映像に近づいていくにつれて、だんだんと宮崎駿の色が薄れていくと指摘する。

「宮崎さんの絵コンテを読むと、過去最高傑作が僕の中でできてしまう」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。