「お年玉」で子供に金銭教育 小遣い帳で管理、運用や貯金も (1/4ページ)

2015.12.27 07:10


【拡大】

  • かわいらしいデザインのポチ袋。お年玉の使い方は親子で考えたい

 お年玉として子供がまとまったお金を手にするお正月。小遣い帳を渡したり、未成年者を対象にした少額投資非課税制度「ジュニアNISA」を活用したりして、金銭教育を始めるチャンスだ。親子で話し合いながらお金の使い道を考えてみては。 (中井なつみ)

 大金が一度に

 子供が手にするお年玉は、少しずつ増えている。川崎信用金庫(川崎市)が昭和58年から毎年、小学生を対象に実施している調査によると、平成27年のお年玉の平均額(総額)は約2万5千円。ここ数年は2万4千円~2万6千円台で推移している。

 一度に多額の現金を子供に渡すと、「金銭感覚を狂わせてしまうのでは」と不安に思う親は多い。さいたま市に住む会社員の女性(41)は毎年、小学校1年の長男(7)のお年玉を、長男名義の口座に入金している。昨年は総額3万円もらい、これまでの合計金額は10万円以上に。小学生になり、お年玉の意味を理解し始めた長男に「どのタイミングで渡そうか」と悩んでいるという。

「お金の意味」や「賢い使い方」を考えるきっかけに

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。