ヤマト運輸で「学歴が昇格を左右することはない」 早稲田卒の池田桃子さん (3/6ページ)

2016.3.12 17:15

 同期の大卒の新卒社員約130人のほとんどが、全国の支店やセンターなどに配属された。ジョブローテーションの一環なのだという。現場では、制服を着て荷物の受け付けや集荷・配達を行う。

 最前線から主管支店、そして本社・広報へ

 池田さんは、1年間に及んだ横浜伊勢佐木町の支店での頃を「活気のある職場で、ものすごく楽しかった」と振り返る。

 「お客様への対応をはじめ、すべての仕事がおもしろくて、自分の性格にあっているな、と思いました。みなさんにとてもよくしていただき、かわいがってもらいました」

 翌年に異動となった横浜主管支店の業務改革推進課では、仕事の生産性を高めるための仕事に関わった。

 「例えば、1時間あたりの生産性を高めるため、センターのレイアウトをどうすればスムーズに作業ができるか、朝、何時から、何人でどのように荷物を仕分ければ効率的なのか、などを考えていく部署でした」

「入社した頃から感じることですが、上司の方が、部下のふだんの…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。