“リアルブラタモリ”人気急上昇 名物ガイドが教える「京都の凸凹」の魅力 (5/6ページ)

まいまい京都のツアーで嵐山を案内する梅林秀行さん(先頭)と参加者たち。出演している「ブラタモリ」効果もあり、人気が上昇している=京都市右京区
まいまい京都のツアーで嵐山を案内する梅林秀行さん(先頭)と参加者たち。出演している「ブラタモリ」効果もあり、人気が上昇している=京都市右京区【拡大】

  • まいまい京都のツアーで嵐山を案内し、岩の前で立ち止まって説明する梅林秀行さん(右)=京都市右京区
  • 「まいまい京都」でツアーガイドを務める梅林秀行さん

 大工の棟梁(とうりょう)や寺の住職、猟師、花街の太夫など、バラエティーに富む約300人が、京町家めぐりや銭湯のタイル絵鑑賞など、思い思いの企画を行っている。

 どれも従来のツアーやガイドブックにはない魅力にあふれていると盛況で、府外だけでなく、京都の参加者も半数近くいる。

 梅林さんがブラタモリに出演し、タモリさんと軽妙な掛け合いを見せたことが大きな反響を呼び、ツアーの定員もほぼすべて満員となった。

 今年5周年を迎えたが、全体の延べ参加者数は約2万2600人(昨年12月末現在)となっている。

 金太郎飴ではなく…

 多くの有名観光スポットを有する京都でなぜ、こうしたツアーに注目が集まるのか。

ブラタモリ出演以降、他の観光業者からのツアー依頼も多く…