なぜ若者はジーンズをはかなくなったのか 10年で生産3割減、ユニクロや無印良品の台頭も影響? (2/5ページ)


【拡大】

  • 日曜日の大阪・ミナミを行き交う人たち。ジーンズ姿以外の人が目につく=大阪市中央区
  • 日曜日の大阪・ミナミを行き交う人たち。ジーンズ姿以外の人が目につく=大阪市中央区
  • 日曜日の大阪・ミナミを行き交う人たち。ジーンズ姿以外の人が目につく=大阪市中央区
  • 日曜日の大阪・ミナミを行き交う人たち。ジーンズ姿以外の人が目につく=大阪市中央区

短パン、チノパン増え「ジーンズは暑い」

 では、ふだん、どの程度の頻度でジーンズをはいているのか、ミナミで聞いてみた。

 「ジーンズはあまりはきません。休みの日には、ジャケットと細めのチノパンです。ジーンズは2本持っていますが、チノパン系は10本くらいあります」と話すのは、大阪市西区のIT会社員の男性(24)。

 大阪市住吉区の会社員、山本悠司さん(32)は「10年くらい前に比べたら、ジーンズをはくことは少なくなった。チノパンをはくことが多い。暑いときは短パン」。山本さんとほぼ同年代の大阪府和泉市の会社員、藺牟田(いむた)直紀さん(33)も「昔はいろんなブランドのジーンズを集めていたけど、今はあまりはかない。短パンやカーゴパンツに変わってきた。ジーンズは夏は暑い」と語る。

 「20代の頃、Tシャツとジーンズは若者の象徴で、真夏はそのスタイルだった。当時、ジーンズ専門店がいっぱいあったけど、今は探しにくいね」とバブル時代前後を思い出したのは、兵庫県川西市の男性会社員(46)。だが、現在は「ジーンズをはくことは少なくなった。チノパンのような、何というかわからないけど、そういうのをはく。夏は短パンとか短めのチノパン」。

 夏だけでなく、秋口でもまちにあふれる短パン。カラフルなものもあれば、いろんな柄が施されたデザインもあり、丈も膝下から膝上までさまざま。

生地や縫製技術は世界トップクラスだが…